第2回国際臨床医学会・学術集会

ICM国際臨床医学会

本会に関するお問い合わせ先

  • 第2回 国際臨床医学会学術集会事務局
  • 担当:畠 育世
  • 〒060-8638
    札幌市北区北15条西7丁目
    北海道大学医学部
    脳神経外科医局 内
  • TEL 011-706-5987
  • FAX 011-708-7737

会長挨拶

第2回国際臨床医学会学術集会の開催にあたって

会長挨拶

第2回国際臨床医学会術集会
会長 寳金 清博
北海道大学副学長
北海道大学病院長

国際臨床医学会は、昨年12月に第一回目の学術集会が開催され、医療・医学の国際化の牽引学会として、スタートしました。
今回、第2回本学術集会は、第一回目の成功を受けて、さらに大きな前進を意図して、会のテーマを「始まった国際医療~今から・これから」とさせて頂きました。

国際医療・国際医学は、従来の国内医療の延長では対応できない様々な課題を解決しなければなりません。中でも、喫緊の課題は、

  1. 1) 外国患者の受け入れ態勢の整備(費用、医療通訳など)
  2. 2) 病院の海外展開
  3. 3) TOKYO2020に向けた外国人への適切な提供体制

などが挙げられます。

今回は、1)に関しては、シンポジウムを準備しており、医療通訳の制度設計、認定制度などについても、議論したいと思います。
2)3)については、インドのSAKRA WORLD HOSPITALの設立から運営の中心として活躍してこられた同病院の八島利昌様、そして、国際観光医療学会理事長の寺野彰先生にご講演をお願いしております。
また、会終了後には、「国際医療人の育成」というテーマで、公開パネルディスカッションを予定しております。

今後、国際医療に関わる全ての医療関係者の横断的な学会として、大きな第二歩を踏み出すことができればと期待しております。

多くの方々のご参会を心からお待ち申し上げます。